過去の出題問題の授業が受けられる

学校における授業では基本的な知識を教えてもらえます。それをすべて理解したり覚えれば一応定期テストではそれなりの点数が取れるでしょう。ではその状態で入試で合格を勝ち取れるかとなると難しく、各学校が出題する問題への対応が必要になります。そこで夏期講習を行っている塾に行って応用力アップを目指しましょう。事前にレベルを把握するためのテストがあり、レベルに合わせて過去に出題された問題を使った授業を受けられます。それらの問題を解くにはどんな基本知識を応用させないといけないかなどがわかり、今の実力と志望校に入学するための力との差も把握できます。塾の中には出題予想問題などを教えてくれるところがあり、それを使えば受験対策に役立てられるでしょう。

弱点を知って秋からの勉強に備える

中学や高校の受験では文理の区別がなく多くの科目の勉強が必要です。大学受験でも文理に分かれるものの受験科目が多い学校もあり、いかに苦手科目や苦手分野をなくすかが合格へのカギになります。しかしどこが苦手なのかを知らないと対策できないまま入試の本番を迎えてしまいます。夏期講習会では受験生向けのコースが用意されていて、受験に使える応用問題対策などをしてくれるようです。基本問題であれば苦手でなかったのに応用問題になると点数が取れない科目や分野があるかもしれず、夏期講習で問題を解く経験をしておくと弱点の把握ができるでしょう。秋以降は得意分野をしっかり伸ばしつつ弱点をなくしていく努力をしていけば合格につなげられるかもしれません。